ノマドで使いたいPCにも使えるモバイルバッテリー

前回は小物などを再考察しました(`・ω・´)

キャンプしながら旅をしていくときに使いたい、PCの充電にも使えるバッテリーが必要になるよなぁとなりましたので検討を始めてみようと思います(*´ω`)

1回のフル充電に必要な容量

PCで使用できるモバイルバッテリー

ソーラー充電

今使っているノートPCは富士通のFMV LIFEBOOK UH75というのを使っております。軽さが777gと軽量なので選んでみました(*^ω^*)

メーカーサイトで確認したらバッテリーが25Whとありましたので、これが一回分の容量ですね。2回くらいフル充電できると安心感が出ますね(。-`ω-)容量が多いPCだと75Whくらいまであるようですので、お持ちのPCに合わせてご検討ください!
※飛行機を使う予定がある方は、国内では160Wh以下なら2個まで可、100Wh以下は個数制限なし(2019年7月12日時点)となっておりますので、お気を付けください!また中国を経由する際には数値が確認できないもの(印刷が消えているなども含む)だと没収されるようですので、併せてお気を付けください。



それでは気になる3つをピックアップしてみました。

・185Wh

MAXOAK 50000mAh モバイルバッテリー

14,600円程度で50,000mAhとなっています。評価も安定していますが、機内持ち込み不可でした(;´・ω・)フル充電まで6~8時間。1.26 Kg。

・96.48Wh

Omars モバイルバッテリー 90W AC出力対応 26800mAh

約1.1万円で26,800mAhとなっています。付属のACアダプタを使用すれば、約3~4時間でフル充電。Type-Cポート経由で本体充電だけではなく、ソーラーパネル・カーチャージでも充電可能。ネックは重さの1.4kg。

・73.44Wh

MATECH TowerCell+

USBケーブルで充電するタイプですので、ケーブルは他の機器との併用が可能。7時間くらいでフル充電。0.7kg。値段は徐々に上がってきて1.4万くらい。 → また下がって1万円くらい(2019年5月1日時点)

MATECH TowerCell+ 』と『MAXOAK 50000mAh モバイルバッテリー』では重さも350g程度しか変わりませんので、飛行機での移動がなければ『MAXOAK 50000mAh モバイルバッテリー』のほうが安心ですね(`・ω・´)2倍以上の容量がありますが、価格的には2倍未満で済んでいます。

話を更に膨らませて、キャンプで長期連泊をした場合を考えてみます!

容量が大きければ、とりあえず6~7回くらいフル充電が出来そうです。ただ念のため、モバイルバッテリーが切れたときを考えてみます。

キャンプなら外にいるので、太陽光が使えるときもあるのでは!ということで、ソーラー充電器も調べてみました( *´艸`)

他にも容量が展開されていましたが、バランスがいいのがこちらかな(*´ω`)約1.4万円で1.4kg。冬でも快晴なら1日で20,000mAhくらいは充電出来そうという口コミもありますので、数日間日光に当てていれば良さそうですね(`・ω・´)


【まとめ】 

車で移動してキャンプ場を転々と楽しむのであれば、大容量の『MAXOAK 50000mAh モバイルバッテリー』。

もしかしたら飛行機使って楽しんじゃうかもというのであれば、『MATECH TowerCell+ 』または『Omars モバイルバッテリー 90W AC出力対応 26800mAh 』。これは軽さを取るか金額を取るかで分かれるところですね。更に充電をするならこのどちらかと『suaoki ソーラーチャージャー 60W 』を組み合わせる感じで。

そろそろ購入段階に入りましたので、近々レビューできるかもしれません( *´艸`)

(2019/4/2更新)

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です