【登山】御岳山に行ってきました!(御岳山・奥の院・鍋割山)

【登山】御岳山に行ってきました!(御岳山・奥の院・鍋割山)

今回は急に夜まで時間が空いたので、リフレッシュとテント泊に向けたトレーニングを兼ねた登山に行ってきました(*^ω^*)

詳細はこんな感じで行ってきました!

2018/9/6(木)

0729御獄駅発 → 0825滝本駅0842 →(ケーブルカー) →  0850ケーブルカー駅御嶽山駅 → 0919武蔵御嶽神社 → 0931本殿 → 0952長尾平分岐 → 1002長尾平 → 1135奥の院峰 → 1209鍋割山 昼ごはん1217 → 1352 長尾平分岐 → 1415 ケーブルカー駅 → 1422ケーブルカー滝本駅 → 1517 御獄駅着

・合計距離:12.32km
・累積標高(上り): 731m
・累積標高(下り): 720m


Advertisement

【山行】

途中でどうしようも無くなってもいいように、ペットボトルに水を入れて合計16kg弱の荷物で出発です( *´艸`)

DSC_3695見慣れた感じもある御嶽駅を出発して今回は歩いてケーブルカー駅に向かいます!

DSC_3696今回は駅前の通りをに沿って神路橋を使います(*´ω`)

DSC_3697駅から10分くらい歩くと分岐に辿り着きます!

DSC_3698分岐の後はすぐに急な坂となっておりました( ゚Д゚)

DSC_3699神路橋!

DSC_3702a橋からの登りも急でした(; ・`д・´)

DSC_3701御岳山の下の方の鳥居の脇に出ました!

DSC_3703テクテク登っていきます(*´ω`)

DSC_3704汗だくになりながら、ケーブルカー滝本駅に到着!

Advertisement

DSC_37051時間に2~3本なので上手く調整していきたいですね(*´ω`)

時刻表はこちら。片道590円、往復1,110円となっております!因みにsuicaで片道を買うと記念のカードがもらえます(*^ω^*)

DSC_3710まったりとふらつくことにしたので、今回はケーブルカーにお世話になりました( *´艸`)今度は使わないで登ってみようかなぁ(*´ω`)

DSC_3713あっという間にケーブルカー御嶽山駅に到着です(`・ω・´)歩くと1時間くらいですかね( ゚Д゚)

DSC_3714駅前の藤棚からの景色です(*´ω`*)時間次第で綺麗な景色に出会えそうです(*´ω`)

DSC_3716蜂も活発に動いていました!

DSC_3717歓迎されちゃった(*ノωノ)

Advertisement

DSC_3722もうすぐ本格的な秋ですね(*´ω`)

DSC_3727舗装路をガツガツ登っていきます(;・∀・)

DSC_3729なかなかの急坂です!この右側のきつい方を登ります(*´ω`)

DSC_3733今日は半分くらい営業してました!

DSC_3735随身門をくぐって御岳山山頂へ向かいます(*´ω`*)

DSC_3736門をくぐって後の階段にあったちょっと怖いやつ。

Advertisement

DSC_3739凄く反省させられていそうです(;´・ω・)DSC_3741まだこちらのほうが罪悪感に責められることなく座れそうです(;^ω^)DSC_3744なかなかの疲労感たっぷりで到着しました!この左側を進むと御岳山山頂があります(`・ω・´)

DSC_3745前回は時間を過ぎてしまって行けなかった御岳山山頂です( *´艸`)

DSC_3746奥まで進むと奥宮遙拝所と山頂の目印があります!

DSC_3749今回はあそこに向かいます!

DSC_3747タッチ!

DSC_3752奥の院に向かうルートは色々と選べますが、今回は最短ルートで行きます!

DSC_3754奥の院へ向かう前に長尾平の展望台に寄り道です( *´艸`)

DSC_3755お手洗いもあります!DSC_3758大岳山に行くまでで一番展望がいいポイントです(*´ω`)

Advertisement

DSC_3762aヘリポートでしたので、ヘリのポーズ( *´艸`)登るお山を眺められるのはいいですね(*´ω`)

DSC_3763展望台!

DSC_3766こちらもよい眺めです(*^ω^*)

DSC_3769さて寄り道を済ませたので、いざ奥の院へ!

DSC_3773天狗の腰掛け杉のところが分岐になっておりますので、右側から登っていきます!

DSC_3774まぁまぁの登りですが、山歩きという感じがして楽しいですね(*^ω^*)

DSC_3777杉の間をどんどん登っていきます!

DSC_3779お山にいる気分がたっぷりと味わえていいですが、10月くらいから気温もピッタリでより楽しめそうです(*^ω^*)

DSC_3781橘姫が祀られていた場所が途中にありました。ここで奥の院までの3分の1くらいかな(*’ω’*)

DSC_3788どんどん登っていきます(`・ω・´)

DSC_3789鎖場登場!ここで大体半分くらいかな。なんてことない場所に見えますが、足の幅くらいしかないところもありますので気を付けていきましょう!

Advertisement

DSC_3792aがっつり登る場所もありつつ進みます(`・ω・´)

DSC_3794奥の院到着!かと思いきや、まだあと1つだけ急登をこなします!

DSC_3795左右どちらからでも登れます!

DSC_3799a奥の院到着!

DSC_3802お参りして、鍋割山まで向かいます!

DSC_3803こちら側も結構急ですね( ゚Д゚)

DSC_3807急なところを過ぎると、気持ちよく気軽に歩ける道になります(*´ω`)

DSC_3808右側が鍋割山を通過して大岳山へ向かうルートで、左側は鍋割山を巻くルートとなっておりました!

DSC_3809分岐から鍋割山山頂はすぐです!

DSC_3811a到着!なかなか肩がきていましたが、なんとか無事に到着しました(*^ω^*)

Advertisement

DSC_3812ゆっくりしようかと思いましたが、この時期は虫が多いのと雲行きが怪しかったので、ささっと済ませて下山しました!

DSC_3814帰りは奥の院を巻くルートも知っておきたかったので、巻き道を!つっ疲れた訳じゃないです(; ・`д・´)

DSC_3816奥の院付近の急登よりなだらかです!大岳山→鍋割山から来て疲労感が強ければ巻いてしまえるのは、調整ができるのでいいですね(*^ω^*)大岳山からは巻けるルートが複数あるので、安心してアタックしやすいなぁ(*´ω`)

DSC_3817奥の院のちょっと下の階段の脇に合流しました!

DSC_3818レインボー枯れ葉( *´艸`)

そんな感じでケーブルカーの上は終了です!

DSC_3823ケーブルカー滝本駅からの帰り道。黒ニャンコ様がまったりとしておりました(*´ω`)DSC_3824下山コーラと思いましたが、今回はファンタグレープ!美味でした(*^ω^*)

【まとめ】

今回はトレーニングを兼ねて普段より重いザックを背負っての山行となりました!

5kg程の違いでしたが、体にくる疲労の違いを大きく実感できました(; ・`д・´)重量が増したときのペースや不足している筋力など、テント泊のための装備を背負ったときに必要となる部分が明確になったので、定期的に開催したいと思います(*´ω`)

Advertisement

【服装】

装備名 数量 備考
【上】
ファイントラック ドラウトゼファージップネック 1
ファイントラック スキンメッシュロングスリーブ  1
mont-bell ライトシェルアウタージャケット 1
mont-bell クールグローブ 1
 【下】
CW-X スポーツタイツ スタイルフリーボトム 1
マウンテンハードウェア メンズ ハイキング ウェア 1
[アイスブレーカー] HIKE LIGHT CREW  1 ソックス

【ギア】

装備名 数量 備考
マムート T Aenergy GTXR  1  登山靴
mont-bell バーサライトパック30  1  ザック 30L
Ohuhu トレッキングポール カーボン製 2本 1
GENTOS LED ヘッドライト 1
 救急セット  1  虫刺され薬・絆創膏・テーピング・ハサミ
mont-bell レインダンサー ジャケット 1
mont-bell サンダーパス パンツ 1
 カロリーメイト4本入り 2  緊急用
エバニュー ウォーターキャリー900ml 1
エバニュー ウォーターキャリー2L 1
岩谷産業 ジュニアコンパクトバーナー CB-JCB 1
イワタニ カセットガス 1
モンベル 熊鈴  1
SILVA コンパス No.3 1
Anker PowerCore 10000 1  モバイルバッテリー
ジッポー ライター 1
Nikon D750 1
SIGMA Art 24-105mm F4 DG OS HSM 1
GATSBY ボディペーパー 1

 

カテゴリの最新記事