【北欧トレッキング】クングスレーデン:セルカ編

前回はクングスレーデンに入り、シンギ小屋を少し越えたところでテント泊をしました!

今回はシンギからセルカ小屋を越えた辺りまでの待望の白夜行をしてきた記事となります(`・ω・´)




ルート

今回は約11kmと4.5kmの2回。上昇も200mちょっとと85mくらいとセルカを越えてからは登りが強くなりましたが、基本的にはなだらかに登ったり下ったりをしながら進んでいきました。



トレッキング開始!

15:00くらいに寝たため十分な睡眠がとれ、楽しみにしていた白夜行が23時45分から開始されました(*’ω’*)

この時の気温は5.8℃くらいで徐々に下がっていきましたが、歩いている分にはちょうどいい感じ。



避難小屋到着!

しばらく歩いていると避難小屋があり、外にトイレや非常用の薪がストックされた小屋などがありました。さすがにトイレは他の小屋よりは臭いなどはありますが、ありがたいことです(*´ω`*)



休憩後再度出発!

誰もこない避難小屋でのんびりと休憩して、いざ出発と重い腰を上げました( *´艸`)

ケブネカイセの麓でも鳥に襲われましたが、ここら辺でも鳥が襲ってくるという(;´Д`)だいたい20mくらいに近くなると襲ってくるようです。なかには登山道に陣取っているのもおり、だいぶ道なき道を大回りして逃れたり…これまでに役立ってくれたストックさんがストック様に格上げされた瞬間でもありました!しつこいやつは2mくらいまで接近してくるので、ストック様で対抗するとある程度素直に引いてくれるので助かりました。刺激しないようにそーっとしてても同様だったので、だいぶ疲労。刺激しないように進むも反対側にもいたりで、なかなか披露した避難小屋ーセルカ間でした(´-ω-`)



セルカ小屋到着!

雪の上を通ることが増えたので、ストックに雪用のものを取り付け進みつつ、セルカ小屋に到着しました(*^ω^*)昨日までよりもペースがよく、予定時間よりも早めに到着。体も慣れてきたのでしょうか( *´艸`)

キャンプ地によい場所を探し、まずは設営。その後ご飯を食べつつ、小屋が開くのを待ちチョコレートとビスケットを購入。小屋の大きさによっては売っているものが変わります。(商品と価格はこちら)どこもクレジットカード(VISAは確実)で支払いできます。トイレは綺麗でしたが、シンギよりも臭いがあり。この違いはどこからくるのでしょうか。本日二回目のアタックのために10時半に睡眠。


本日2回目の出発!

腹ごしらえをし、出発です!今回も清潔山荘が役に立ってくれました(*´ω`)

午前は結構ぬかるみでよごれたのでゲーターを装着し、16時に第2アタックを開始しました(`・ω・´)翌日のチェクチャは雪の登りがあるため、出来る限り進むことに。

6月の後半に差し掛かってきていても、セルカを過ぎてから雪を横切ることが増えました。それに伴い、疲労感が増しますね(;´・ω・)やっぱり蹴った力が逃げたり、バランスを取らなくてはいけないことが増えたりすることが関係するのでしょう。そしてザレ場やぬかるみなどの足場が悪いところが出てきたことも。

雨も降ってきたのと疲労感、翌日のチェクチャ越えを考え、川の付近で幕営となりました。傾斜地でも仕方ないですね( ・´ー・`)天気が持ってくれたので、外で棒ラーメンを食べエネルギー補給しましたが、ラーメンの塩気は本当に美味しく感じますね( *´艸`)そういえばこの辺りで息が白くなりました( ꒪﹃ ꒪)21時に翌日に備え就寝です。

次回はチェクチャ編となります!

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です