After Effects フェードイン・フェードアウト

After Effects フェードイン・フェードアウト

今回の内容

今回はAfter Effectsで、フェードイン・フェードアウトを行います。
画像が黒画面からフェードインしてきて、しばらく表示後にフェードアウトしていく感じです。

今回の記事は、After Effects 2020を使用し作成しました。


行程

1.まずは画像を読み込む

2.平面を追加

「レイヤー」 → 「新規」 → 「平面」で黒背面を作成します。

3.フェードインの場所を指定

0秒に不透明度のキーフレームを設定し、不透明度を0%にします。
今回は2秒後に現れるようにしたいので、2秒のところで不透明度を100%に。

4.フェードアウトの場所を指定

ラスト2秒から消えるようにしていきたいので、3で2秒のところに作ったものをコピーし開始位置にタイムラインを合わせて貼り付け。
終わりに不透明度0%を設定して完成です!

Advertisement

まとめ

After EffectsとPremireとではフェードイン・アウトの効果の付け方が違うので、少し混乱してしまいますよね(;・∀・)
慣れればなんてことはないんでしょうけど(;´∀`)

Adobe Creative Cloudは学生・教員でないと結構価格が高くなってしまいますが、デジタルハリウッドなどで講座を受講すると受講料が加算されてもAmazonのプライムセールよりも安く12ヶ月分を使用できるようになります(/・ω・)/講座は見ても見なくても大丈夫。さらに受講は毎年でもOKなので、切れてしまう方は検討の価値はあるかと思います。
Amazon通常だと約6.6万円が4万円弱へ(2020年10月時点)

プログラミングなどカテゴリの最新記事