After Effects(文字をフヨフヨ動かす)

After Effects(文字をフヨフヨ動かす)

今回の内容

タイムラプスの動画タイトルとして、テキストアニメーションを追加していきます。
イメージとしては、タイムラプスがカクカク感があるものなのでそこら辺を表現しつつ、日が沈む柔らさを出せすためにフヨフヨ動かしてみようかなぁと

今回の記事は、After Effects 2020を使用し作成しました。



行程

1.平面を追加しテキストを作成

2.アニメーターの位置を追加

位置を選択して、「10, 10」くらいを基準にして動きの大きさを調整します。

Advertisement

3.ウィグリーを追加

2.で追加したアニメーターにウィグリーを追加して、文字を1つずつ動かす設定をします。
「アニメーター」 → 「追加」 → 「セレクター」 → 「ウィグリー」で追加していきます。

・ウィグル/秒:2(数値が大きくなると早く動く)
・相関性:0%(100だと同じタイミング)
・次元の固定:オン(縦横の比率などを歪めたくないので)
ここまででゆるゆる動く感じになります。

Advertisement

4.ポスタリゼーション時間を追加

タイムラプスのカクカク感を出すのに使用しました。
「エフェクト」 → 「時間」 → 「ポスタリゼーション時間」で追加します。
・フレームレート:4

まとめ

動きの大きさや相関性などの微調整で印象もだいぶ変わりますので、イメージ通りになるまで頑張って微調整していきましょう!

Adobe Creative Cloudは学生・教員でないと結構価格が高くなってしまいますが、デジタルハリウッドなどで講座を受講すると受講料が加算されてもAmazonのプライムセールよりも安く12ヶ月分を使用できるようになります(/・ω・)/講座は見ても見なくても大丈夫。さらに受講は毎年でもOKなので、切れてしまう方は検討の価値はあるかと思います。
Amazon通常だと約6.6万円が4万円弱へ(2020年10月時点)

プログラミングなどカテゴリの最新記事