機内持ち込みできるモバイルバッテリー!

機内持ち込みできるモバイルバッテリー!

ちょこちょこ飛行機を使って遠征することが増えてきたので、改めて機内持ち込みできるモバイルバッテリーをまとめてみました!

ちなみに現在多くの国内線・国際線では100Wh(27027mAh)未満であれば個数無制限、160Wh(43243mAh)以下であれば2個までが持ち込み可能です。(2021/7月時点)
出発前に確認していきましょう!

「ワット時定格量(Wh)= 定格定量(mAh)÷ 1,000 × 定格電圧(V)」
・預け入れの荷物に入れてしまうと、運がよくて呼び出しで機内持ち込みに+再検査、運が悪ければ無言で破棄となります。
・バッテリーの容量が読めなくなっていても破棄となりますので、買ったら保護しておきましょう。

Advertisement

代々使っているのはAnkerで、作りもしっかりしているので今のところはAnkerを使っていこうかなぁと思っています。対応も早いし。

充電ポートは1つだけの方が値段は安いのですが、スマホを充電している際に、スマートウォッチやカメラのバッテリー、二人で充電など、意外と活躍の場はあったので充電ポートは2つのものを中心にピックアップしました!

1.容量大きめ!

  • 良いところ
    • 25600mAhと大容量
    • PD対応のUSB-Cポートが最大60Wの高出力
    • 60W対応の充電器だと約3時間で満充電
  • 悪いところ
    • 500mlのペットボトルより重い( 568g)
    • 大きい(長辺が500mlのペットボトルの高さくらいの18.3cm)
    • 高い。Amazonだと平時8500円くらい、セールだと7000円ちょっと

こんな方にオススメ

・機内持ち込み出来て大容量
・重さなんて気にしない
・頻繁にモバイルバッテリーを使用する
・旅館だとコンセントが遠くて、とりあえず充電したいときとかも使いたい

容量違いや出力違いのもあります。

※重さはそれぞれ422gと150g近く軽くなっていますので、ここら辺がベストな気がします

Advertisement

2.とにかく荷物を少なくしたい!

  • 良いところ
    • コンセントから直接充電なので、荷物がだいぶスッキリ
    • 軽い(189g)
    • 安い。セールだと2300円くらい。
  • 悪いところ
    • 容量が少ない。

こんな方にオススメ

・コンパクトなパッキングにしたい
・軽いに越したことはない
・万一に充電できれば十分

※旧モデルだと容量は5000mAhですが、10000mAhは欲しいという方は新型が出ていました!充電ポートが少なく、少し重めです(278g)

Advertisement

3.値段重視!

旧型のものだと新型よりはだいぶ安くなっています!

  • 良いところ
    • 容量の割に安い
  • 悪いところ
    • 充電スピードが新型には劣る

こんな方にオススメ

・充電スピードにはこだわらない。(モバイルバッテリー自体やスマホへの出力)
・値段は安い方がいい
Advertisement

まとめ

使用頻度・重さ・値段の3つを軸にピックアップしてみました。

自分たちは、

  • 充電のスピードはそんなに気にしない
  • 結構使う
  • 重さはそこまで気にしない
  • 値段は安めが嬉しい

ということで、3のAnker PowerCore Essential 20000を容量の表記のところにテープを貼って保護しながら使っていましたが…
どこかの宿に置き忘れてきたので、Anker PowerCore III 19200 45Wに新調しました(;´∀`)
充電はPD対応のUSB-Cポートを使うとあっという間に満充電になりました(*´ω`)中央部分は結構傷がつきやすい素材でしたので、なぜこれにしたんだろうといったところ。トラベルポーチが付いているからそれでカバーしてくれって感じでしょうか…一応今回もテープで文字が消えないようにしておきます。
あとUSB-C&USB-Cケーブル、USB-A &USB-Cケーブルが各1本ずつついてきました!持っていない方には有難いですが、持っている(;’∀’)方にはその分安くしてくれたほうが(;’∀’)

山旅とかだと2のAnker PowerCore Fusion 5000がヘビーユーズで早く本体に充電をしたいという方は1のやつを使うとしあわせになれるはず(*´ω`)

道具カテゴリの最新記事