SharePointでガントチャートを作る!

SharePointでガントチャートを作る!

Microsoft 365の記事でもチラッと書きましたが、何かと便利なSharePoint。
ただ現状では直感的に作りやすいとは言えない気も…

Microsoft 365 個人事業主はどれがいいの?

 

ということで、現在使っていて便利なものを徐々に紹介していこうかと。

まずはその1つであるガントチャートを作っていきます!

Advertisement

タスクアプリを追加

1.まずは「新規」 → 「アプリ」と移動していきます。
※今回サイトのテンプレートは「プロジェクト管理」を使用していますが、用途や好みにあったものを色々と使ってみてください。

 

2.追加できるアプリの文章内にある「従来の環境 」へ移動します。

3.タスクを選択し、名前を付けて作成します。今回はわかりやすく「ガントチャート」としました。

Advertisement

タスクアプリを加工

先ほどまでの行程で作られたタスクですが、慣れていないとどこに作られたかわかりにくく…
ホーム画面の左側に「サイトコンテンツ」があればその中に、なければ右上にある歯車マーク(設定)からサイトコンテンツに移動します。

移動すると先ほど作成したタスクが出てきますので、選択するとタスクを登録する画面になります。

Advertisement

タスクを追加

新しいタスクを追加などでタスクを入れていきます。

保存し、追加できたらタイムラインに追加していきます。
「…」 → 「タイムラインに追加」を選択すると上にあるタイムラインに追加できます。

間違えた場合は、タイムライン上のタスクをクリックすると削除できます。

日付に被るものがなければ1行で表示され、被りがある場合には下のキャプチャのように行が増えていきます。

Advertisement

タイムラインバーの調整

タイムラインバーを追加

タイムラインバーを追加することもできるので、流れが違うものは分けて視覚化することができます。

色の変更

デフォルトだと見にくい場合は色の調整をすることもできます。
変更したいタイムラインをクリックし、左上を調整すると背景色や文字色、フォントなどを変えることできます。

Advertisement

ビューの変更

下部のリストに表示される項目を変更したい場合は、「…」 → 「このビューの変更」で表示事項を増減させることができます。

Advertisement

タスクの編集

項目が追加されたりして編集が必要となった場合は、各タスクを開くと左上に「アイテムの編集」がありますので、そこをクリックすると編集ができます。

分かりにくいですが詳細表示部をクリックすると、色々とタスクの内容を追加することができます。

1 2

プログラミングなどカテゴリの最新記事