ハクキンカイロとzippoライターを導入してみた(*´ω`)

ハクキンカイロとzippoライターを導入してみた(*´ω`)

前回の登山の山頂で寒さにやられてしまったので、ちょっとした対策をしてみようとハクキンカイロを導入してみました!

Advertisement

【購入したもの】

ホワイトガソリンの18L

ついでにホワイトガソリンの18Lを購入するという暴挙に( *´艸`)保証の問題もありますが、公式燃料の10分の1という(;´・ω・)

ヤバいデカい( ゚Д゚)

ガソリン詰め替え用スポイト

詰め替えるのに大きなスポイトを100均を回って入手してきました!

Zippo ライター

18Lも使い切るのにカイロだけでは無理ということに加え、安定した火種が山でも欲しかったというのもあり、更にzippoライターを購入してしまいました!

こちらにもホワイトガソリンで使ってしまいます。念のため、蓋を開けたらちょっと時間を空けてから点火してください。

カイロ、zippo共にメーカーとしては指定の燃料を使ってくださいとありますので、こちらの使用は自己責任でお願いしますm(_ _)m保証が受けられなくなるということもあります。

指定の燃料は高額ですが、安心のためには仕方ないですね。ですので、基本的にはこちらをお使いください(`・ω・´)

ハクキンカイロ

Zippo オイル缶

【ハクキンカイロを使ってみた】

おじさんのイラストが歴史を感じさせます(*´ω`*)早速ですが開封してみます!

使い方はこちらです!

結構暖かいです(*^ω^*)あとは山で確認してみてですね!

暖かい時間ですがホワイトガソリンで使用してしまっているのもあると思いますが、目盛りの0.5~0.7倍となってしまいます。18時間入れてみて9時間ちょっとだったり。

公式のオイルがAmazonで500ml・1,500円。ホワイトガソリン18lが5,700円くらいなので、500mlでは158円。毎回0.5倍しか使えなかったとしても気にならないくらいの燃料費差ですね( ・´ー・`)

臭いですが、注油の際にはホワイトガソリンがなかなかの臭いで、ZIPPOオイルの2倍くらいします(´・ω・`)ただ温めている最中はそこまで気にならないです。どちらにせよ多少は臭いますので、敏感な方は使い捨てをオススメします。

あと飛行機には完璧に持ち込めないというトラップも発動するそうです( ゚Д゚)テロのせいですね(;´・ω・)

→ 約1年間使ってみたので改めてレポートを!(2019年追記)

使い捨てカイロとは違いひと手間が入るので面倒くさくなって使わなくなるかなぁとも思っていましたが、いまのところ愛着をもって使っております(*´ω`)

0℃に近い環境の登山でも使ってみましたが、外に出しっぱなしにしてしまうと暖かさが失われていきますね。これは使い捨てカイロでも同様ですが。なので、なるべく服の冷たくならないところに入れておくと暖かさは保たれます。休憩のときにはポケットに入れつつ暖をとるなど工夫はいるかもしれません。

(まだ継続して使いますので、2020年以降に追記するかも)

【ZIPPOを使ってみた】

100円ライターより手間は掛かりますが、炎が安定していていいですね(*´ω`*)なんかこういうギアは所有欲が満たされます( *´艸`)

(2019年追記↓)

持っていく前に燃料が切れていないかを確認していますが、やはり100円ライターとは違う安心感がありますね(*´ω`)ただ保証外のホワイトガソリンのデメリットというか気を付けなくてはならない点が1つ。気温が高めのときだと気化してしまっている場合があるので、そのまま火をつけるとちょっと炎上します(^_^;)息を吹きかければ消えましたが。なのでいったん横に振るなどし、気化したものを放出ということを忘れなければ今のところ平気です。

果たしてホワイトガソリン18Lはいつ使いきれるのでしょうか( ´∀` )

道具カテゴリの最新記事