【登山】鍋焼きうどんを求めて鍋割山へ!20181108

鍋割山といえば鍋焼きうどんですね( *´艸`)話はよく聞いていたのですが、なかなか混雑するという話も同時に聞こえてくるので、平日に休みが合ったのでいってきました(*^ω^*)果たして無事に鍋焼きうどんを食し、富士山を見ることは出来たのでしょうか(; ・`д・´)

それでは詳細です!

2018/11/8(木)


大倉バス停07:10 → 08:33二俣08:40 → 09:32後沢乗越 → 11:04鍋割山11:55 → 12:38小丸尾根分岐(二俣分岐・平二山) → 14:34二俣 → 16:05大倉バス停G

・合計距離: 16.33km
・最高点の標高: 1325m
・最低点の標高: 297m
・累積標高(上り): 1471m
・累積標高(下り): 1471m

【トイレ】
県立秦野ビジターセンター(大倉バス停)、鍋割山山荘(バイオトイレのため100円/使用ペーパーは持ち帰り)



小田急渋沢駅の北口から神奈中バス「渋02 大倉行」に乗り、大倉バス停にて下車。ゆったり山行ですので、始発バスに乗って行ってきました(*´ω`)本数は1時間に2本程度ですので、注意していってください╭( ・ㅂ・)و̑

「渋沢駅北口」バス停の時刻表



二俣到着!



次は後沢乗越へ!



後沢乗越到着!

まだまだ登りが続きます!!

いざ鍋焼きうどんへ(`・ω・´)

鍋割山到着!

平日の11時半前ということもあり、鍋焼きうどんはスムーズに受け取ることができました( *´艸`)かぼちゃ天ぷらにキノコなどが入っており、塩気がとても美味しかったです(*´ω`)富士山もちゃんと眺められ、鍋焼きうどんと富士山のコラボレーションも味わえしあわせでした(*´﹃`*)



さて、しっかりと堪能できたので、下山を開始します(`・ω・´)

まずは小丸尾根分岐へ!





【まとめ】

今回は楽しみにしていた鍋焼きうどんと富士山をしっかり堪能できたので、大満足の山行となりました(*^ω^*)登りがきつめになり始めると、一気に登り続けるのでいいトレーニングにもなるなぁと前回につづき思いました(;^ω^)まだまだ体力をつけていかないと、目指しているお山には不安がありますね(; ・`д・´)しっかりとトレーニングしていこう!
鍋割山荘での注意点は
1.荷物は外に!
2.注文票に記入し、中で待つ!
3.支払いは受け取り時にまとめて!(1個1,000円でした。※2019年より1,200円になったようです)
4.複数頼んだら、重ねて返却!
私たちのときは平気でしたが、混んでるとピリつくのかもしれませんね(;^ω^)

おまけ。以前から持ち運びに頭を悩ませていた熊鈴のカバーを簡単に作ってみました!キュッと絞るとちゃんと消音できたので、満足です(*´ω`)

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です