【北欧トレッキング】クングスレーデン:アレスヤーレ編

徐々に早朝の出発に体がなじんでしまいましたが、今回も5時の出発となりました(*´ω`)天候は今回が一番大変で、雨に体がもってかれる強風に晒され、冷えた体に冷たい渡渉という…結構時間が経った今でも鮮明に思い出せるほどです(;´∀`)天候は悪かったですが、雲がカッコよかったアレスヤーレ編、お楽しみください!

前回はこちら




今回のルート

当日はチェクチャ(Tjaktja)過ぎからアレスヤーレ(Alesjaure)、アレスヤーレからアビスコヤーレ(Abiskojaure)までの中間の工程でした(*´ω`*)

チェクチャ過ぎからアレスヤーレまでの10㎞ちょっとと8㎞ちょっとの記事となります!

チェクチャからアレスヤーレ

アレスヤーレからアビスコヤーレ(Abiskojaure)中間まで

出発!

チェクチャで仕入れた情報では雨の予報でしたが曇りでした!念のため、雨装備でAM5時出発です(/・ω・)/



渡渉!

もはや定番と化していた渡渉ですが、その場所に来るまでの風雨によって軽く気力が萎えていました(;´Д`)



アレスヤーレ到着!

小屋に着くと優しいおばあちゃんのお出迎えがここでもありました(*´▽`*)

小屋に泊まるの?という定番のところからちょっとした話をしつつ、今回は長く歩いていると欲しくなった食材(パスタソース・クッキー・チョコレート・コーラ)が欲しかったので、売店を聞くと案内してくましれた(*^ω^*)売店は橋から見て右側の小屋の右奥側です。受付っぽいところに天気の

中ではリンゴンベリー(コケモモ)ジュースをごちそうしてくれ、非常においしくお代わりしてしまいあmした( *´艸`)目的のものを色々と購入!チョコレートは今回の気温では溶けないことが分かったので、大目に仕入れておきました(*´▽`*)

綺麗でお気に入りの小屋になりました!

テントを張るおすすめは、川の手前(チェクチャ側の橋)とのことでしたが、人がいないアビスコヤーレ(Abiskojaure)側にしました。天気も雨降るし、橋の向こうに戻ったらまた手前の急登を登らなくちゃいけないですし(;’∀’)

テントでの祝杯!コーラはこちらのものしかありませんでしたが、似たような味わいとのことなので買ってました(*´▽`*)馴染み深いコーラよりも甘味が少なく、なんだか体に良さそうな味。さっぱり感があるので、それもありかと!このパッケージならセルカにもあった気がするが、よくわからなかったからスルーしてしまっていました。会話って大事。

これから風は収まるとのことでしたが、翌日は大雨の予報…なので昼から寝て夕方までまた歩いて距離を伸ばすことにしました!


第2回アタック!

当日2回目の渡渉!

前から歩いてきたグループの疲れ切った顔と手に持った濡れた靴。はい、覚悟しました。この先には渡渉が発生すると(;´Д`)



ボート乗り場到着!

当日の最終はとっくに終わってしまっていましたので、ベンチをお借りして小休止。

ここまで白夜行などでゆったりペースながら、予定していたよりも早めに進めました。それが功を奏し、翌日の大雨でテントでゆっくりと1日休息日を設けることができました(*´▽`*)

次回は白夜行アゲインでアビスコ国立公園手前までの予定です!

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です