【登山】赤城山に登ってきました!20180722

今回は赤城山を登山編となります( *´艸`)久しぶりのお山はよかったです(*´ω`)

行きは赤城山に16号を使い北上してアクセスしましたが、道が細く対向車が来たらすれ違いが大変なルートかつ、カーブのミラーが見えずらいので神経の使うルートでした(;^ω^)当日で一番疲れたのは山行を含めてここだったかな( ;∀;)40km弱の遠回りになりますが、251号の方が気楽にアクセスできて、次回はこっちだなぁという印象でした( *´艸`)

それでは工程です!

2018/7/22(日)

06:57黒檜山登山口 → 07:17猫岩 → 08:41赤城山 → 08:48黒檜山絶景スポット09:24 → 09:31赤城山 → 09:35黒檜山大神 → 10:12大タルミ → 10:29駒ヶ岳 → 11:17鳥居峠 → 12:09覚満淵 → 12:30赤城公園ビジターセンター12:38 → 13:40赤城神社14:10 → 14:17黒檜山登山口駐車場 → 14:17ゴール地点

合計距離: 8.01km
最高点の標高: 1806m
最低点の標高: 1340m
累積標高(上り): 523m
累積標高(下り): 507m

【駐車場】
・黒檜山登山口:黒檜山登山口駐車場・無料・50台
・駒ヶ岳登山口:おのこ駐車場・無料・100台
・赤城公園ビジターセンター・無料・50台

【トイレ】
・駒ヶ岳登山口:おのこ駐車場
・赤城公園ビジターセンター
・赤城神社

という工程でいってきました!

今回の登山での新ギアはコールマンのホットサンドクッカーですヾ(*´∀`*)ノ

DSC_2637こんな感じで焼けます! 550g位と軽量化を考えなくてはならない山行では外すことになりますが、ゆるくグルメも楽しみたいときには良いギアでした(*^ω^*)本来はキャンプ使用がでしょうが、贅沢な気分になれるのでいいですよ( *´艸`)



それでは赤城山登山開始です!!

6:30 黒檜山登山口駐車場到着!

ここの駐車場にはトイレがありませんので、お気を付けください!

DSC_2578ちょっと雲がかかってきそうですが、綺麗なお空です(*´ω`)まずは最高峰の黒檜山へ!DSC_2581駒ヶ岳への縦走という、今回の工程を眺めつつ、準備をしていきました(*´ω`)光の差し込みが綺麗でした(*^ω^*)

ここから300mくらい歩いて黒檜山登山口へ向かいます!

6:57 黒檜山登山口!

DSC_2585道のすぐ脇にいきなり登山口が現れました!DSC_2588最初の方からこのような岩を登っていきます!
DSC_2590たまに土の登山道を挟みつつ…DSC_2593岩々(*´▽`*)DSC_2597大沼を眺められるスポットで一休憩( *´艸`)湖の左端に見える湖畔のところまで縦走していきました(*^ω^*)

7:17 猫岩!

DSC_2599猫岩は駐車場から見た岩肌のことなので、登山道ではなんのことやらです(; ・`д・´)DSC_2604岩々をガシガシ登っていきます(`・ω・´)bDSC_2606空気が澄んでいれば富士山が見えるようです(*´ω`*)DSC_2608ふじ、さん…DSC_2609トンボ!ここからトンボ祭りが始まりました( ゚Д゚)DSC_2612下りの方は結構滑ってました(;^ω^)気を付けて行きましょう!DSC_2615木々の間を進んで行くので、風が吹き抜けると涼しく心地よかったです(*^ω^*)


DSC_2619笹で囲まれた道を登っていきます!DSC_2620基本石とか岩を登っていきました(*´ω`)DSC_2623分岐まで登ってきました!ここから山頂まですぐです( *´艸`)

8:41 赤城山山頂(黒檜山)!

DSC_2630a登山口から100分くらい!トンボや蜂やらで(;^ω^)DSC_2627三角点タッチ!ここから歩いて数分のところにある絶景スポットに向かいます!

8:48 黒檜山絶景スポット!

DSC_2639渋川方面もよい眺め(*´ω`)夕日とか綺麗そうですね(*^ω^*)DSC_2637お昼のホットサンド!ハムとチーズを重ね重ねして、ボリューミーに仕上げました(*^ω^*)キャンプとかならトマトを挟んでも美味しそうな味でした(*´﹃`*)最初に具は半分くらいにちぎっておくと出来上がった時に分けやすくなります!



DSC_264230分くらいまったりと休憩をとったので、出発!桐生市側もよき( *´艸`)

9:35 黒檜山大神!

DSC_2644分岐からすぐに着きました!
DSC_2647一旦下り道に入ります(*´ω`)DSC_2650下っていくと分岐が現れ、再び絶景スポットと( ゚Д゚)そして60歩( ´∀` )実際にそれくらいで着きますが、登山道上から眺めるのでゆっくり眺めるのは難しいかもしれません。私たちのときには人は全く来なかったので、ボケーっと眺めていましたが( *´艸`)DSC_2657小沼かな(*´ω`)確かに見晴らしは良かったです(*^ω^*)DSC_2659さて、また分岐に戻って駒ヶ岳を目指します!下りきるまでは、基本的にこのような木の階段が組まれておりました( ゚Д゚)こっち側のが整備されていますね( *´艸`)DSC_2660反対ルートだとこんな感じで登っていくのか(*´ω`)
DSC_2662黒檜山と駒ヶ岳の間は見晴らしがいいところが多いので、ついつい足を止めてしまいます( *´艸`)

DSC_2667下山の時間にも余裕があるので、まったりと出来ていいですね(*´ω`)

10:12 大タルミ!

DSC_2668ここから駒ヶ岳まで0.4km。コンパクトですね(*^^*)DSC_2673のんびりとできる風景です(*^ω^*)DSC_3301辛めのジンジャーエールで、一息(*’ω’*)



DSC_2674お花(*´▽`*)DSC_2677駒ヶ岳への登り開始!こちらの木の部分は土の流出などでグラついているのもありましたので、お気を付けください!

10:29 駒ヶ岳!

DSC_2682aちょうど燕が写ってくれました( *´艸`)山頂は広くないので、休憩は取らず。ただ景色はよいので、しばし眺める(*´ω`)
DSC_2683桐生市側(*^ω^*)DSC_2687大沼側!DSC_2690駒ヶ岳からの眺望を堪能したので、出発!DSC_2699やっぱりいいなぁ(*´ω`)DSC_2700a写真右側が駒ヶ岳大洞登山口への道で、左側の微妙な踏み跡がある方が篭山へ向かう道となっております!今回は篭山方面へ行きました(*^ω^*)DSC_2702終始この様な道を進んで行くことになります!DSC_2705清々しい気分で進みます!DSC_2707ピークは過ぎていましたが、まだ咲いていてくれました(*´ω`*)DSC_2715木漏れ日に照らされた苔はいいですね(*´ω`)DSC_2717ちょこちょこ景色のいいところで、休憩しつつ進みます(*^ω^*)DSC_2720山の中というのを味わえて素晴らしいです╭( ・ㅂ・)و̑グッ!
DSC_2725看板などは剥がれていますが、分岐の目印です!後ろ側に回って撮ってしまいましたので、向こうからこちらに歩いてきて、分岐で右に曲がります(*^ω^*)DSC_2727右に曲がると下りのこのような道を進みます!DSC_2732たまに開けたところが(*´ω`)DSC_2735aラスト分岐!ここを左に進むと篭山の山頂ですが、右の巻道のほうが楽しそうでしたので今回はそちらから(*^ω^*)DSC_2736篭山を左手に眺めつつ、素敵な雰囲気を堪能できました(*^ω^*)ただ進む道(踏み跡)は見えないので、篭山との距離を保ちつつ進んでいきます!覚満淵の近くまでは行けますが、鹿よけのネットがあるため、戻ってくることになりますのでお気を付けください( *´艸`)DSC_2738浮かび上がるように照らされた緑はいいですね(*´ω`)DSC_2739ふらふらして、そろそろ戻ります!


11:17鳥居峠!

DSC_2748a抜けました!篭山を巻いたら駐車場の角から合流しました(笑)DSC_2741いい眺めです(*´ω`)DSC_2746御神水コーヒーやカフェオレ、アイス、ビールなどをいただけます!なんだか店員さんがワタワタしていたので、今回はスルーしてしまいました(;^ω^)DSC_2745関東平野が一望できます(*´ω`*)DSC_2750さて覚満淵へ下ります!

DSC_2751鹿よけネット!人も入り口からしか入れませんね(;^ω^)DSC_2755上から見るのもよかったですが、降りてきてみるのもいいですね(*´ω`)DSC_2760木道をテクテク(*´ω`*)DSC_2763釘かと思ったら、キノコが生えていました( ゚Д゚)コンニチハ!DSC_2764軽く散策をしてビジターセンターに向かいます!遠目で見て持ち上げるのかと、気合をいれたのは内緒です( *´艸`)DSC_2767ほぼ向かいにビジターセンターがあります。12時くらいで駐車場はほぼ満車でしたが、ちょこちょこ出入りはあるように見えました。ここで赤城山バッジを無事に入手しました(*´ω`)DSC_3307赤城神社へ向かう道の途中の湖畔沿いには食事処が集まっているポイントがありましたので、塩分補給を兼ねてお蕎麦を頂きました(*´ω`)ここら辺のお店にも登山バッジは売っていました!DSC_2770腹ごしらえも済んだところで、赤城神社へお邪魔します!DSC_2771橋を渡って参拝です!橋の下には鯉がエサを求めて集まってきました(*^ω^*)DSC_2778鳥居をくぐります(*´ω`)DSC_2781厳島神社を思い出してしまいました(*^ω^*)DSC_2782立派な本殿です!登山靴の方は中に入らないでくださいとの掲示がありましたので、お気を付けくださいm(_ _)mDSC_2783御朱印をいただき、ふらふらと。DSC_2786湖畔には結構な人が集まっていました!デイキャンプ風な方が多かったように見えましたが、神社的には大丈夫なのかな?DSC_3313帰り道では、永井食堂さんのもつ煮をお土産にするため寄っていきました( *´艸`)日曜日は食堂が空いていないので、駐車場の混雑がなく気楽に寄れていいですね(*^ω^*)DSC_3316夕飯は鴻巣にある「やわらかとんかつ とん兵衛」さんで失われたエネルギーをがっつりチャージさせていただきました( *´艸`)
DSC_2791帰り道では素敵な夕焼けと出会えて、満足してお家に向かいました(*^ω^*)

【まとめ】

今年の夏は暑いのでなるべく高いお山に行こうかと計画してはいたのですが、休みの日と天候が合わず赤城山にお邪魔したのですが、とても涼しくてよかったです(*´ω`)

今回の山行で一番学んだことは、登山口までのアクセスにおいて距離よりも道の整備具合の方が重要度は高いということでした。冒頭でも書きましたが、16号が細く対向車が来たらすれ違いが大変なルートかつ、カーブのミラーが見えずらいので神経の使うことに(;´・ω・)251号のほうが車線も分かれていたので気持ちは楽でした(*´ω`)

今回のルートが赤城山での長めの周回ルートだったのですが、全体的にコンパクトという印象を受けました。ちょっとお山にというのにも良さそうです( *´艸`)

地元気温34℃、赤城山22℃と10℃くらい低いのでまったりもしやすい、赤城山。季節を変えてまたお邪魔しようかな(*´ω`*)

【服装】

数量 備考
【上】
ファイントラック ドラウトゼファージップネック 1
ファイントラック スキンメッシュロングスリーブ  1
mont-bell ライトシェルアウタージャケット 1
mont-bell クールグローブ 1
 【下】
CW-X スポーツタイツ スタイルフリーボトム 1
マウンテンハードウェア メンズ ハイキング ウェア 1
[アイスブレーカー] HIKE LIGHT CREW  1 ソックス

【ギア】

 数量
マムート T Aenergy GTXR  1  登山靴
mont-bell バーサライトパック30  1  ザック 30L
Ohuhu トレッキングポール カーボン製 2本 1
GENTOS LED ヘッドライト 1
 救急セット  1  虫刺され薬・絆創膏・テーピング・ハサミ
mont-bell レインダンサー ジャケット 1
mont-bell サンダーパス パンツ 1
 カロリーメイト4本入り 2  緊急用
エバニュー ウォーターキャリー900ml 1
エバニュー ウォーターキャリー2L 1
岩谷産業 ジュニアコンパクトバーナー CB-JCB 1
イワタニ カセットガス 1
コールマン パッカアウェイクッカーセット 1
snow peak チタンシングルマグ 450 1
モンベル 熊鈴  1
SILVA コンパス No.3 1
Anker PowerCore 10000 1  モバイルバッテリー
ジッポー ライター 1
Nikon D750 1
SIGMA Art 24-105mm F4 DG OS HSM 1
GATSBY ボディペーパー 1 帰りにだいぶ救われるアイテム

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です