【登山】美ヶ原に行ってきました!(石切場-王ヶ鼻-王ヶ頭)

【登山】美ヶ原に行ってきました!(石切場-王ヶ鼻-王ヶ頭)

今回は百名山6座目となる美ヶ原にお邪魔しました(*^ω^*)

石切場から王ヶ鼻を通り、王ヶ頭へ登るルートを今回は使いましたが、北アルプス連峰を堪能できたよき山行となりました(*´ω`)

早速ですが詳細です(*^ω^*)

・2018/8/20(月)

05:30石切場 → 07:29王ヶ鼻07:38 → 08:16美ヶ原 → 09:07 → 09:58美しの塔 → 10:14塩くれ場10:44 → 12:02王ヶ頭ホテル → 12:05美ヶ原 → (ダテ河原コース → 木舟コース)→ 14:12石切場G

・合計距離: 11.36km
・最高点の標高: 2033m
・最低点の標高: 1405m
・累積標高(上り): 955m
・累積標高(下り): 946m

【駐車場】

桜清水茶屋(蕎麦店)隣:10台/無料 (桜清水茶屋はオートキャンプ場を過ぎてすぐにある)

【トイレ】

・山本小屋:100円
・塩くれ場公衆トイレ:無料・バイオトイレ
・王ヶ頭ホテル:100円
・美ヶ原自然保護センター
・三城いこいの広場
・美ヶ原台上駐車場

【水場】

・美ヶ原高原水
・女鳥羽川源流

今回の新投入のギアは清潔山荘です!なかなかよいものでした( *´艸`)レビューはこちら(*´ω`*)

それでは写真とともに振り返りです╭( ・ㅂ・)و̑

5:00

DSC_3403薄っすら明るくなっておりますが、駐車場を探すにはだいぶ暗かったです(; ・`д・´)DSC_3405松本駅の方から283号を登って行きます!ここの手前1kmくらいの道がなかなかガタガタしますが、それまでの道は結構走りやすかったです(*^ω^*)桜清水コテージの横を進みます(*´ω`*)

DSC_3414すると登山者用の駐車場が右手に見えますので、停めて準備をします(`・ω・´)
DSC_3417桜清水茶屋さん。DSC_3418石切場バス停のすぐ隣にある登山口です!駐車場を探してしまって出発が遅れてしまいました(;´・ω・)DSC_3424桜清水オートキャンプ場の端を進んでいきます!1個目のお手洗いが左手に見えますので、その脇の舗装路を通っていきます(*´ω`)DSC_34282個目のお手洗いと炊事場が見えたら、この微妙な道を進みます(; ・`д・´)最初は疑いつつ通り過ぎ、オートキャンプ場の奥まで行くとルートが確実に無かったので、ここまで引き返して登ることに(;^ω^)因みに電波がないので、検索は不可能でした!私たちは事前にYAMAPのアプリでダウンロードしていたので、ルートを確定できました。紙の地図も持っていたのですが、今回はアプリが役立ちました(*´ω`)

Advertisement

DSC_3430草むらに踏み込みつつ2分くらい登ると分岐が。行きは王ヶ鼻を経由していくので、左側のルートを進みます!帰りは右から下りてきました(*^ω^*)DSC_3432入り口以外はしっかりと踏み跡があり、フカフカして気持ち良い道を進みます(*´ω`)DSC_3437心地良い空気を味わいつつ(*´ω`*)DSC_3439雰囲気のある道を木をくぐりながら歩いたり(*^ω^*)DSC_3445久しぶりのお山を夫婦で堪能です( *´艸`)DSC_3446優しい雰囲気(*´ω`*)DSC_34491時間くらい登っただけで、北アルプスが(*´ω`)DSC_3452良き(*´ω`*)
Advertisement

DSC_3454ちょっと斜度が上がります(*^ω^*)DSC_3455あと600mで王ヶ鼻です!
DSC_3461あとちょっとなのに、綺麗な景色が続くのでなかなか進めません( *´艸`)DSC_3462ちょっと登っては…DSC_3466アルプスを眺める(*´ω`*)長野に夏の間移住する方法を考え始めた瞬間です( *´艸`)DSC_3468河原みたいな石が積み重なっておりました(*^ω^*)
DSC_3475素晴らしい景色をバックに登れるのは贅沢ですね(*´▽`*)DSC_3477何度も「あぁ、いいなぁ」と呟いてしまいました(*´ω`)DSC_3486もうすぐ王ヶ鼻です!

07:29 王ヶ鼻

DSC_3488美ヶ原台上の先端部に登ってきました(*^ω^*)石仏が立っており、山岳信仰を感じられました(*´ω`)DSC_3495王ヶ鼻は標高2,008mでした!

Advertisement

DSC_3497いい景色ですねぇ( *´艸`)DSC_3498王ヶ頭ホテルのツアーバスとちょうど同じタイミングで到着してしまったので、山頂はちょっと混雑してしまいました(;^ω^)そこまで長くはいらっしゃらないようですので、7:30を外せばゆっくりできる場所でした(*´ω`)DSC_3500王ヶ頭へ向かいます!バスに抜かれつつ進みます( *´艸`)DSC_3513王ヶ頭への道の途中でアルプス展望コースがありますので、そちらの道を進んでいきます(*^ω^*)DSC_3514お山に飢えていたところで素晴らしいこの風景を味わってしまうと、長野の凄さをより感じます(*´﹃`*)
DSC_3515山頂の下まできました!上には王ヶ頭ホテルが(*^ω^*)DSC_3517登りながら振り返るとまた違った絶景が( *´艸`)進めないですね(*´▽`*)

08:16 美ヶ原

DSC_3520タッチ!DSC_3523a登った(*´▽`*)2,034mでした!

Advertisement

DSC_3525山頂からすぐに王ヶ頭ホテルです!こちらで登山バッチを買うことができます(*^ω^*)因みに100円で綺麗なトイレが使えます!無料より気兼ねなく使えていいですね(*´ω`)DSC_3530ちょっと下りたところにベンチなどがありましたので、こちらでお昼を(*´ω`)ホテルの皆さんは朝食だそう( *´艸`)DSC_3533こちらも絶景!雲海ももくもくしそうですね(*´ω`)朝日や夕日を眺めるのであれば王ヶ頭ホテルさんはいい場所にありますね(*´ω`*)だいたい一人2万円からというので、私たちにはまだ早いですね( *´艸`)DSC_3542a美ヶ原高原!これから美しの塔へ向かいます(*^ω^*)DSC_3543牧歌的な風景が広がっておりましたヾ(*´∀`*)ノDSC_3546いいなぁ(*´ω`)DSC_3550わーい(´▽`*)DSC_3554牛だー(*^ω^*)DSC_3555うしうし(*´з`)
Advertisement

09:58 美しの塔

DSC_3572a後ろに回ると鐘が鳴らせるようになってます!ちょっとコツがいりました( *´艸`)
DSC_3573たっぷりと牛さんも堪能です(*^ω^*)DSC_3575長閑でいいですねぇ(*´ω`*)塩くれ場でまったりお昼寝をして出発です!DSC_3580塩くれ場の近くにある無料のトイレです!バイオトイレですので、多少の臭いは仕方ないところ。
DSC_3582アルプス展望コースに入ります!!DSC_3583色々とルートがありますね(*´ω`)
DSC_3584茶臼山も今度行ってみたいな(*´ω`)

Advertisement

DSC_3618烏帽子岩への道!気を付けて向かってくださいとの注意書きがあったはず。DSC_3615先端から見下ろしてみました!写真だとあまり高度感がでませんね( ´∀` )DSC_3617王ヶ鼻方面!DSC_3621横から見るとこんな感じ。落ちたらダメなやつですね(; ・`д・´)
DSC_3623色々な方向で綺麗な景色があるので、フラフラ散策しても楽しいですね(*^ω^*)DSC_3625王ヶ頭ホテルへ向かっていきます(*^ω^*)ホテルに宿泊されている方も散策されていますので、早い時間の方がゆったりできそうです。DSC_3638ぽつっと咲いていました(*´ω`)
Advertisement

DSC_3642途中までダテ河原コースを下山していきます!DSC_3643少年自然の家方向ですね!DSC_3644今回は石切場方面です!山頂付近は人がいましたが、登山者は平日ということもありだいぶ少ないのでしょうね(*´ω`)
DSC_3647こんもりとした部分は何でしょうね?DSC_3648ある程度下りるとふかふかな道に戻ってきました(*^ω^*)DSC_3650「美岳荘」休業らしいですが、中に入れ休憩できるようです。
Advertisement

DSC_3653林道に合流しました!DSC_3654残り1.6kmのようです!DSC_3655ほぼフラットな道をテクテク歩いていくと、標識が立っていました!ボケっとして通り過ぎないようにしてください( *´艸`)写真の左上に向かう道が、石切場へ向かう道です!DSC_3656ちゃんと細い道にも標識がありました!DSC_3658踏み跡はありますが、時期によっては怪しそうですね(;´・ω・)DSC_3659踏み跡が分かれていて、案内板がないという( ゚Д゚)まぁどちらも合流するので、お好きなほうを!DSC_3664そんなこんなで、朝に迷った入り口まで戻ってきました!DSC_3665下山完了です!

【まとめ】

今回は初めて長野県のお山に美ヶ原を選んだのですが、長野県に移住したがる人の気持ちが凄くよくわかり、短期移住も視野に入るというお気に入りのお山となりました( *´艸`)

自分の目で槍ヶ岳も見れ、近い将来あそこにも上りたいなぁという気持ちも強くなりましたので、トレーニングをしっかりしていきたいと思います(`・ω・´)

【服装】

装備名 数量 備考
【上】
ファイントラック ドラウトゼファージップネック 1
ファイントラック スキンメッシュロングスリーブ  1
mont-bell ライトシェルアウタージャケット 1
mont-bell クールグローブ 1
 【下】
CW-X スポーツタイツ スタイルフリーボトム 1
マウンテンハードウェア メンズ ハイキング ウェア 1
[アイスブレーカー] HIKE LIGHT CREW  1 ソックス

【ギア】

装備名 数量 備考
マムート T Aenergy GTXR  1  登山靴
mont-bell バーサライトパック30  1  ザック 30L
Ohuhu トレッキングポール カーボン製 2本 1
GENTOS LED ヘッドライト 1
 救急セット  1  虫刺され薬・絆創膏・テーピング・ハサミ
mont-bell レインダンサー ジャケット 1
mont-bell サンダーパス パンツ 1
 カロリーメイト4本入り 2  緊急用
エバニュー ウォーターキャリー900ml 1
エバニュー ウォーターキャリー2L 1
岩谷産業 ジュニアコンパクトバーナー CB-JCB 1
イワタニ カセットガス 1
モンベル 熊鈴  1
SILVA コンパス No.3 1
Anker PowerCore 10000 1  モバイルバッテリー
ジッポー ライター 1
Nikon D750 1
SIGMA Art 24-105mm F4 DG OS HSM 1
GATSBY ボディペーパー 1 帰りにだいぶ救われるアイテム

 

カテゴリの最新記事